戸塚祥太な日々

CALENDER

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

INFO

「戸塚祥太な日々」へようこそ
A.B.C-Zの戸塚祥太くんを中心にA.B.C-Zを応援するサイトです。 他、ジャニーズ全般、日々の日記などを綴ってます。
09.7.22 久々に模様替えしました

NEW ENTRIES

LINKS

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE



OTHERS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

    

   ルルルレコード

<< 「かくかくしかじか」最高です! | top | 「偉大なる、しゅららぼん」初日舞台挨拶 >>

「ミュージカル フルモンティ」を観ました


「ミュージカル フルモンティ」2/11と2/16(千秋楽)を観ました。

演出・翻訳・訳詞:福田雄一
脚本:テレンス・マクナリー
出演:
ジェリー・ルコウスキー:山田孝之
マルコム・マクレガー:中村倫也
イーサン・ジラード:ムロツヨシ
デイブ・ブカティンスキー:勝矢
ハロルド・ニコルズ:鈴木綜馬
ノア“ホース”・T・シモンズ:ブラザートム
ジョージー・ブカティンスキー:大和田美帆
パム・ルコウスキー:佐藤仁美
ジャネット・バーマイスター:浦嶋りんこ
ヴィッキー・ニコルズ:保坂知寿


あまりミュージカルは好きではないので滅多に観に行かないのですが、今回は中村倫也くんが出るということと、演出が福田雄一さんだったので、かなり楽しみにしてました。
観た感想は、ほんとにほんとに面白くて楽しくて、二回だけじゃなくもっと観たかったという感じでした。
観れて良かった!

今回お席が1列目と5列目で、裸になるシーンではあまりにも近くて目のやり場に困りました(笑)
でもキャストの皆さんの気迫がより伝わって手に汗握るシーンがたくさんありました。
どこがいいというよりも、全部よかった!というミュージカルだったなー
コメディなんだけど、キャスト一人一人のコンプレックスだったり、心の闇だったり、そういうのをストリップに挑戦する事で変わって行く…という全体のテーマも素晴らしいし、自分も頑張らないと思える作品でした。

中村倫也くんは、文句なしの演技&歌唱力でまたまた圧倒されてしまいました。
気弱な頭の弱い感じの役がすごくうまくて、自殺しようとした所をジェリーとデイブに止められ、ちょっとコントぽく突っ込み突っ込まれなシーンがあるんですが、そこのやり取りのテンポの良さに笑いが止まらなかったです。
間がうまいというのかな。だらーっと進んでいたシーンがビシっと引き締まる感じです。
イーサンとの男同士のラブな感じもすっごく面白くて、お腹が痛かったです。
お母さんが亡くなり、悲しみを歌で表すシーンでは、ご本人も涙流しながら歌っているんだけど、私も涙が出て来てしまいました。本当に美声だなぁ。

山田くんはミュージカル初ということですが、それが信じられないくらい伸び伸びと自然に演技してた気がします。あとびっくりしたのが、歌がうまい!
それとオーディションシーンでのムロさんのむちゃ振りアドリブへの返しも素晴らしくて、才能ある人っていうのは何をやってもすごいんだなって思いました。
もちろん努力も相当してると思いますけど、それを表に出さず控えめにさらっとやってのける所がかっこいいと思います。これからもミュージカルどんどんやって欲しいです。

ムロツヨシさん、もうーーどんだけ笑わされたか!
あの破壊力、強烈すぎて、お腹が痛い&涙がチョチョ切れる、助けてくれって感じで(笑)
黄色いトレーナーと赤いジャージパンツもうこれ着てるだけで笑えます。

ほかキャストの皆さんもみんな素晴らしかったです。

千秋楽は、また更に雰囲気が良くて、オーディションシーンでの、ブラザートムさん、ムロさんのアドリブが長時間に(笑)
突然一人一人へのありがとうを握手を求めながら始めたトムさんにみんなキョトンとしていて、様子を伺いながらアドリブに答えている姿が新鮮で面白かった。
あとムロさんは、「ここまで言わせて!止めないで!」的な空気を出しながら最後まで悔いなくやりきった感じにまたお腹抱えて笑ってしまった。

千秋楽のカーテンコールで、キャストの皆さんが客席にいた福田雄一さんを手招きし、壇上に呼びました。
福田さんの挨拶〜主要キャストの皆さんの挨拶、エピソードなどをみんな興奮した雰囲気で話していて、いいチームだったんだなーと見ていて微笑ましかったです。

大和田美帆さんがなんか壊れていて(笑)
ものすごいハイテンションでこのミュージカルがどれだけ楽しかったかを身振り手振りで話していたのですが、興奮しすぎてなんか言葉がおかしくなっていたのを見た中村くんがかなり遠くから「おい、どうしたっ!」って感じで男っぽく突っ込み入れていたのが超かっこ良かった。
役柄が女性的な感じだったので、この男っぽい感じのギャップがこれまた良くて。

山田くんは、
「しばらくミュージカルは疲れるのでやりたくない。酒がやっと飲める」
とみんなのテンションの高さと裏腹のテンションで言っていたのですが、
「こういった大変なミュージカルをやった後に、それ以下のものっていうのもアレだし…」と次への意欲も感じられて、見た目に内面の熱さは出ないけど、すごく照れ屋なんだろうなーと更に好感度上がりました。
ムロさんが山田くんに「初千秋楽はどうでしたか?」と聞くと、
「千秋楽は特別な感じなのかなと思っていたけど、幕があけたらいつもと同じだった」
と表情を変えずに話す山田くん(笑)

このミュージカルが実現した経緯を福田さんが話していて、制作側から主演を山田くんにお願いしようと思うんだけど…と打診があった時、山田くんはミュージカルはやらないと言っていたし、絶対に断ると思っていたそうです。
山田くんが受けてくれなかったら実現しなかったので、すごく嬉しかったと言ってました。
山田くんは、おバカで笑えるミュージカルか、小さい箱でシリアスなストレートプレイかどちらかをやろうという感じになっていて…と話していて、結果ミュージカルを選んだそうです。

ミュージカルを選んでくれて良かった。
最後の方で、山田くんが「人生一度きりだ!とことんやろう!」みたいに叫ぶセリフがあるんですけど、アレよかったな。
そうだ!後悔しないように色々なことやろう!と思えました。

DVDにならないかなぁ。
もう一回観たいです。

2014.02.16 Sunday 23:59 | 舞台 | comments(0) | - |

comment

コメントする: