戸塚祥太な日々

CALENDER

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

INFO

「戸塚祥太な日々」へようこそ
A.B.C-Zの戸塚祥太くんを中心にA.B.C-Zを応援するサイトです。 他、ジャニーズ全般、日々の日記などを綴ってます。
09.7.22 久々に模様替えしました

NEW ENTRIES

LINKS

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE



OTHERS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

    

   ルルルレコード

<< 大雪記録として | top | 「ミュージカル フルモンティ」を観ました >>

「かくかくしかじか」最高です!


東村アキコさんの自伝マンガ、「かくかくしかじか」。
普段あまり大判コミックは買わないのですが(高いし…)、このマンガの連載をたまたま読んで、一目で気に入ってしまい速攻コミックを買いに行ってしまいました。。(いつものワーっ!!てやつです)

日高先生という絵画教室の怖くて優しい先生との思い出がメインのお話なのですが、
笑えて笑えて笑えて泣ける
という感じのマンガで。

主人公のモノローグから、恐らくもう亡くなっているのであろう日高先生。
先生とのエピソードが、色濃く鮮やかに描かれていればいるほど、現在はいないのだな…きっと後悔してるんだな…っていうのが伝わって、たまに入るモノローグに泣けるんですよね。

私は美術系とはなんら関係ない人生を送っていますが、この日高先生が、若くして亡くなってしまった私の中学時代の学習塾の先生とカブるんですよね。
会える自分じゃないから会えないんじゃなく、もっと会っておけばよかったとこのマンガを読んで改めて思いました。

それと東村さんの言葉のチョイスがかなりツボにはまってしまい、
「肥大化した自意識」
という言葉だけで笑いが止まらなくなってしまう(笑)
ここ最近で一番のお気に入りのマンガです。

2014.02.13 Thursday 00:03 | マンガ | comments(0) | - |

comment

コメントする: