戸塚祥太な日々

CALENDER

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

INFO

「戸塚祥太な日々」へようこそ
A.B.C-Zの戸塚祥太くんを中心にA.B.C-Zを応援するサイトです。 他、ジャニーズ全般、日々の日記などを綴ってます。
09.7.22 久々に模様替えしました

NEW ENTRIES

LINKS

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE



OTHERS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

    

   ルルルレコード

<< 「僕等がいた 前篇」初日舞台挨拶 3/17 | top | 「ガラスの動物園」観ました 3/31 >>

とうとう最終巻が発売 3/26


「僕等がいた」最終巻発売日。

最終回はすでに月刊誌(ベツコミ)の方で読んでいたんですが、ベツコミの方は締め切りに間に合わないからなのか下絵状態で出ちゃうことが多かったし、特に最終回はめちゃ早足で、10年間続いた漫画なのにこんなあっさりした感じで終わってしまうの?と疑問に思っていたので、単行本の発売を心待ちにしてました。

16巻の帯に「大幅加筆修正で贈る感動の結末」と書いてあってやっぱり。。
どんなことが追加されたんだろうとワクワクする気持ちと、月刊誌を買ってたメリットって…とガッカリする気持ちとあったのですが、絵が手抜きの月刊誌ですらセリフが良くて泣けるんですよね。どんなに休載しようが数か月に一度しか現れなくても早く読みたくて月刊誌を買ってしまう。

16巻、読み応えあったなぁ。
月刊誌はなんだったんだってくらい加筆修正されていた。
すごく良かった。。

矢野が、自分がしたいように、自分の気持ちを第一に考えられるようになって、高橋とよりを戻すことができて良かったと心から思いました。

矢野と竹内くんの友情にも泣かされた。
加筆された所で、竹内くんが高橋に渡した婚約指輪を矢野に託した所とか、それをお金に変えて餞別として持ってくる矢野とか、2人がお互いを想う気持ちがあまりにもさりげなく、その分重みを感じたので、16巻だけで何度も泣かされました。
高橋が2人いたらよかったのに…と思うくらい、竹内くんの思いも実らせてあげたかったです。竹内くん本当にいい人。あまりにも竹内くんがかわいそうなので、千見寺さんとかとくっつかないかな…竹内くんの幸せを見届けられていたらもっと良かったです。

高橋のこの言葉好きだな…
「お母さん、あたしねー、これからずっと身を以て彼に証明していきたいの。もう愛を「疑わなくていいんだよ」って」
七美は本当に強くなったんだなってこの言葉で思いました。奈々さんのお墓参りに2人で行けたのも昔の高橋だったら無理だったと思うし。

矢野のお母さんが自殺せず、矢野が失踪することもなく、もし大学で七美が東京に上京してそのまま2人で幸せに暮らしていたらどうだったのかな…とも思うけど、結局矢野の心の傷が完全癒えてなかったら続かなかったかもしれないなぁと。

ちょっと重い期間が長すぎたけど、終わりがハッピーエンドだったから良かったなと思いました。
矢野と高橋がずっと幸せでいられますように…ほっ

2012.03.26 Monday 23:59 | マンガ | comments(0) | - |

comment

コメントする: