戸塚祥太な日々

CALENDER

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

INFO

「戸塚祥太な日々」へようこそ
A.B.C-Zの戸塚祥太くんを中心にA.B.C-Zを応援するサイトです。 他、ジャニーズ全般、日々の日記などを綴ってます。
09.7.22 久々に模様替えしました

NEW ENTRIES

LINKS

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE



OTHERS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

    

   ルルルレコード

<< 「神様のカルテ」ロケ地巡り | top | 少年たち 9/24 夜部 >>

2011年夏クールドラマ 総評

このクールは結構おもしろいドラマがたくさんありました。

それでも、生きてゆく
今年最高のドラマだったかもしれません。
私は見て暗い気持ちになったり救いのないドラマや映画が苦手なので、いつもだったらこのドラマは見なかったのですが、瑛太さんが主演だったのでとりあえず録画しました。
仕事で疲れていたこともあり、なかなか見ることができなくて5話分くらい溜まった時に一気に見ました。
どっぷりとこのドラマの世界観にはまってしまい、以降、毎週楽しみで楽しみで(という言い方は違うかもですが)暗い気持ちにはなるんだけど、俳優たちの熱演具合に感動して拍手したい気持ちにもなり、何とも言えない状態でした。
大竹しのぶさんや風吹じゅんさんの演技のうまさはもちろんのこと、瑛太さんと満島ひかりさん風間くん、とにかくこの3人の演技がとてもよかった。毎回舞台を1本観終わったような重みがありました。

私がこのドラマで一番うなったシーンは、文哉がプールで自殺しようとしたところを洋貴と双葉が助けて、その後さびれた定食屋さんに3人で入りご飯を注文するのですが、洋貴が文哉に「いつか一緒に朝日を見たい」と復讐することをやめ過去ではなく未来に向かって生きようと決心したことを告げるのですが、普通のドラマだったらここで文哉も涙を流し「ありがとう」と改心する…のかな?なんて思いながら見ていたのに、「オムライスまだ?お腹すいた」みたいなことを真顔で言ったんですよね。見てる私も「へ?」って感じだったんだけど、笑いが止まらなくなる洋貴、絶望感で涙を流す双葉、オムライスを普通に食べてる文哉、この3人の図があまりにも悲しくて、ドラマ終わった後も涙止まりませんでした。このシーン本当にすごかったです。
その後、なんの罪悪感も悲壮感もなく警察に出頭しようとする文哉の背中からとび蹴りをくらわし、倒れた文哉を殴り続ける双葉の迫力がすごくて気持ちが痛いほど伝わりました。
洋貴と双葉がくっつきそうでくっつかない所も切なくてよかったなぁ。
2人の会話もぎこちなくて、このちょっと変な会話もすごく好きでした。
最後、文哉が殺したため母を亡くした娘の母代りになるために果樹園で娘を育てることを決めた双葉の覚悟もすごかったな。
このドラマは、誰にもどうにもできなくて、そんな中でも生きていかないといけない、被害者家族も加害者家族も救われないということがリアルに伝えられたドラマなんじゃないのかなと感じました。
DVD発売したら絶対買いたいんだけど、いまだ発売の発表がないんですよね…
内容が内容だけに難しいのかな〜ぜひメイキングが見たいです。

美男ですね
本家は見ていないのですが、思っていたよりもおもしろかった。
眉を寄せて美子に突っかかる玉ちゃんがかわいくて、それを楽しみに毎週見てました。
花男もそうだけど、S系男子が好きな子にはMになるストーリーって見ててやっぱり楽しいです。

チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸
パート1〜3、今までのシリーズの中で一番おもしろかった。
でも犯人は甲本さんが出た時点でわかってしまったけど…
Aiと法医学の特徴がわかって興味深かったです。

ブルドクター
こちらも法医学者のドラマでした。
最初はあまりおもしろくないかな?と思っていたんだけど、見てるうちに引き込まれました。
最後、吾郎ちゃんがかっこよかったです。

絶対零度
こちらはあまり興味なかったのですが、母が見ていたのでなんとなく見てました。
すごく有能な潜入捜査チームっていう設定だったけど、必ず犯人を取り逃がし(無能なチームなんじゃ?)毎回「これ絶対逃がすわ…」と流れを当てながら見てました。
「絶対に面が割れないように」と注意させていたけど、犯人を張ってるメンバーがいつも一緒なので「えーーもう絶対面割れてるよ…」と突っ込みいれるためにみていた感じでしたね。でもなかなかおもしろかった。
上戸彩さんがいつも背中にしょっていたメッセンジャーバッグがかわいくて、欲しいなと思って調べたらえらい高くて断念しました(>_<)

全開ガール
こちらも1話見て、うーーん。。あんな生意気な新人絶対ありえない。と思ったので見るのやめようかと思ったのですが、途中から面白くなってきて最後まで楽しく観れました。
最後結婚パーティしてた高台の場所キレイだったな〜。
亮ちゃんのお父さん役、前クールのドラマも好きでしたが、今回もビー太郎くんとの親子シーン大好きでした。

ISアイエス
あーあーーこの枠こういう配役になっちゃったよー。
残念すぎる。
母役に南果歩は違うだろう。
一応最後まで見たけど、普通のドラマでした。
ISという性があることは知らなかったので、そのことを知るきっかけになったのだけがいい所かなぁ。

イケパラ
1話見るのも苦しかった。なんなんだいったい(怒)

モテキ
こちらはBSジャパンでの再放送。
リアルにやっていた時は見ていなかったのですが、再放送をやっていたので見ていたら超〜おもしろくてびっくりした。森山未来さんが好きになってしまいました。
ドラマがかなりおもしろかったので、映画も見に行きたいなと思ったんですが、女優陣を見て(あー絶対ドラマみたいにはならないだろうな)と確信。
映画館行かないでレンタルしようっと。
映画もドラマ版と同じメンバーでやってほしかったな〜。


今回がんばって続けてみてます。
歴史に詳しい人にはかなり内容が食い違うので見れないみたいですが、私は詳しくないので普通のフィクションドラマのように見れてます。
豊臣秀頼役の男の子の演技が抜群にうまく、顔は地味なんだけど何この存在感ダレなのこの子は!と思って調べたらスターダストの太賀さんという俳優さんでした。
でもなんかその名前とこの目力どこかでみたことあるんだよなぁと思って、昔のブログ記事を検索してみたら前にも絶賛していた(2010.2.15)。
もっといろんな役見てみたいな〜。

2011.09.23 Friday 23:59 | ドラマ | comments(0) | - |

comment

コメントする: