戸塚祥太な日々

CALENDER

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

INFO

「戸塚祥太な日々」へようこそ
A.B.C-Zの戸塚祥太くんを中心にA.B.C-Zを応援するサイトです。 他、ジャニーズ全般、日々の日記などを綴ってます。
09.7.22 久々に模様替えしました

NEW ENTRIES

LINKS

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE



OTHERS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

    

   ルルルレコード

<< 滝沢歌舞伎 4/10夜、4/24昼、4/25夜 vol.1 | top | かりんとう たちばな >>

滝沢歌舞伎 4/10夜、4/24昼、4/25夜 vol.2

第2部

平将門 タッキー(悪者ということになってるけど、真の民の味方)
半三 屋良くん(都の貴族に仕える刺客人)
太郎丸 山亮くん(将門に命を救われる)
ステジ(?)ステジュウ(?) 河合ちゃん(将門の影武者)
藤原秀郷トッツー(貴族だが将門の味方)
半三の仲間 五関くんと塚ちゃん
藤原行平 辰巳くん
陰陽師 福ちゃん
五郎 佐久間くん
三郎 高橋くん(裏切って帝軍へ)

滝沢映画 将門への序章
山亮くんが屋根裏部屋で刀を見つけ、その刀を抜いたら過去に起こったことがフラッシュバックされるということなのかしら…うーむ。。その刀が太郎丸が封印を解いてしまった呪われた太刀ということ?

第1場 将門死すべし〜行平暗殺
行平役の辰巳くんの怯えて命乞いする演技がうまいなぁと思った。
ここって将門のセリフないんですよね。なので、その場にはいるけどココは1人芝居してるのと一緒で…行平のセリフだけで将門のセリフも聴こえてくるようでした。この前見た戸田恵子さんの1人芝居に感じが似ていた。

第2場 焼き討ち
半三たちが自分の生まれ育った町の人たちを殺し、まずしい百姓から都に仕えたことで欲しいものが手に入り裕福に暮らしているようなことを言ってました。
メッシュの入った髪型の五関くんとドレッドヘアのような髪型の塚ちゃん、2人ともこの衣装と役柄がすごく似合ってました。

第3場 豊田郷の三郎と五郎〜
第4場 暗殺者、そして七人の影武者

半三が将門を斬ったと思いきや、次から次へと影武者が登場

第5場 悪霊と陰陽道
陰陽師の福ちゃんの発声がすごくいい。お腹の底から声が出ていて迫力がありました。
陰陽師って何をする人なんだ?悪霊を祓う人?

秀郷が将門追討の総大将(?)になるのを断ったために罰を受ける所はここかな…
あっという間に死んでしまうのですが、このトッツーの秀郷がすごく好きです。
穏やかで自分を見失わず常に世の中が良くなることを願ってるというか…
トッツーの発するセリフが全部良くて
「夢は同じだが道は違う」
「私と将門とでは命の重さが違おう」「私のために命を捨てるでない!」
「平将門がただ一人真の民の味方であったと」
「この秀郷、将門の手にかかる 本望だ」
最後のこのセリフを淡々と言うトッツーに拍手したいです。
ここで、富樫のように抑揚をつけられていたらきっと泣けなかっただろうなぁ。
この秀郷を演じてる感じで、もう一度富樫を演じるトッツーが見たいかもです。
トッツーの青い衣装もよく似合っていて、特に頭に被ってるものが似合いすぎです。
この顔見てたら、三蔵法師をやってもらいたいと思ってしまった。

第6場 半三〜
第7場 復讐の刃に倒れる

将門の味方かと思いきや、三郎はあっさりと将門を討つ方に回ってしまう。。
五郎はどちらにもつかなかったのかな…
ステジはもちろん将門の影に。
殺陣のシーンでステジが必死に戦って斬られてしまい涙が溜まって来たところで、いきなりの4Dフライング。どうして〜(泣)途中からなんだか戦闘ゲームを見ているような気持ちになってきて気持ちがプッツリと切れてしまった。頭上から戦いを見たからなんなのだろうと思ってしまう。。
それが終わると、また普通に戻り、将門の顔があまり見えないような殺陣が続きます。
すごく早く迫力のある殺陣でまた涙がじわっとして来たところで、将門が半三に斬られ、ズサーっとステージ前に倒れこみパっと顔を上げると河合ちゃん(泣)これは一瞬で涙ドバーっとでやられる(>_<)この後の河合ちゃんの叫びがまたいいんですよね。語尾の声の枯れ方がすごくいい。

とどめを刺されそうな所へ本物の将門が登場。
この将門が登場した時の、河合ちゃんの安堵したようなもう思い残すことなないみたいな神がかった表情がまたいいんですよね…河合ちゃんはこの役はすごくはまり役だと思う。
「ステジ、おみごと!」
この将門のセリフがものすごくかっこいい。

その後、辰巳くん、トッツー、河合ちゃんがせり上がるステージに登場し
亡くなった人が将門へ言葉を残すみたいな感じで語ってました。
河合ちゃんはハードな殺陣をやった後なので、体で息してる感じでセリフ言うのきつかっただろうな。

最後は半三が将門を斬り本物を斬ったと思って安心していたら、いきなり起き上がり半三を斬るという感じで…この生き返った時の効果音ドーーンという音がすごく迫力があり、おまけに後ろに吊るされていた人(?)もその効果音と一緒に落ちるのでなんかすごく怖かった。
半三が斬った将門は本物だったようで、その後将門も瀕死の状態。
そこに太郎丸が登場。
将門は太郎丸に自分を斬るようにお願いする。
3回観ても、どうして将門があそこまで太郎丸に目をかけているのかがわからない…

★My Dream〜永遠〜

カーテンコール

★WITH LOVE〜命(love)ある限り
トッツーのWITH LOVEのフリは本当に優しい表情で、歌詞をひとつひとつをかみしめるように踊ってるんですよね。どういうことを想像して踊ってるんだろう。
キャスト紹介で流れる写真がとにかくかわいくて、いつも本物か写真かどっちを見ようか迷ってしまう。。あの写真ポスターで欲しいなぁ、あの顔見てたらイヤなことがあっても吹き飛んでいきそうな気がする。

人文字で「LOVE」、トッツーは「O」の部分でOがハート型になっててかわいかったです。
エンディングは、みんなで「オーーーー!」と叫びながら後ろに下がってそのままカーテンが下りるというものでした。男祭りな感じの終わり方ですね〜。
25日のトッツーはカーテンが下りるギリギリの所で「フォーゥ」と叫んでいたみたいで、「ゥ」の部分を強く言ったのか、上唇が鼻にくっついた感じのクシャっとした顔になってて笑ってしまいました(笑)かわいかったー。

2010.04.25 Sunday 23:59 | 滝沢歌舞伎 | comments(0) | - |

comment

コメントする: